【旅行】奥多摩遊歩道のオススメポイント!奥多摩の川沿いにある遊歩道を歩く

旅行・目的地

JR青梅線の終点にある奥多摩駅の数駅前で下車をして、川沿いにある遊歩道を歩いていきます。山の中を歩いていきますが、アップダウンが少なく進みやすいです。たくさんの木の中を歩き、川のきれいな水に触れたりしながら自然を満喫することができます。観光地というほどでもないため、歩いている人も少なく、非日常の自然をゆっくりと楽しめます。特に紅葉の季節に歩くと景色が良くお勧めです。

きれいな景色をたくさん撮ることができる

電車を降りるとすぐに川が流れていて、その川を越えると遊歩道があります。橋から見える川と木々の景色がとてもきれいなので、まずはそこで写真を撮ります。遊歩道を進むと、森林の中にある渓谷のようなきれいな川が流れているので、そこでも写真を撮るスポットとなります。山の中を進んでいくと、屋根とベンチだけの休憩所があります。そこから町を見下ろすことができます。ここの景色もとても良いです。さらに進むと、ダムが見えてきます。ダム好きにはたまらないかと思います。そして最後に吊り橋があります。吊り橋といっても丈夫な橋なので心配ありません。ここから摂る写真もとてもきれいです。最初から最後まで写真スポットがたくさんあります。

奥多摩遊歩道のオススメポイント!奥多摩の川沿いにある遊歩道を歩く

青梅駅から近くにある青梅鉄道公園

少し時間がかかりますが、青梅駅から歩いて行くことのできる公園です。屋外の公園に本物の車両が展示されています。小さい列車に乗ることも出来て、ほのぼのと楽しむことが出来ます。奥多摩観光に行った後だと閉園時間になってしまうかもしれないので、奥多摩方面へ行く前に行くか、奥多摩へ行く日と別の日に行くと良いと思います。ここなら小さいお子さんがいても困らずに十分楽しめると思います。

芝桜で有名な埼玉の公園。ゴールデンウィークに最適です

奥多摩から少し離れてしまいますが、埼玉県の秩父市にある羊山公園も日帰りで遊びに行くことのできるオススメスポットです。とにかく公園一面に咲く芝桜がとてもきれいです。公園もとても広く、一周歩くだけでかなりの運動になると思います。羊山公園の芝桜はとても有名で、ゴールデンウィークは必ず混雑しますが、それを覚悟できれいな景色を見に行くのも良いかと思います。

一日の最後に、奥多摩温泉もえぎの湯

奥多摩駅の近くにある温泉です。奥多摩の遊歩道を一日かけて歩いてきた最後にこの温泉があります(駐車場があるので車でも行くことができます)。入口には足湯もあります。本当に混んでる時は入場制限があるので、足湯で浸かりながら待っているのも良いかと思います。温泉は露天風呂がオススメで、自然の中で入っていることを存分に味わえます。風呂上がりには休憩所もあるので、そこでビールを飲むのも良いです。

奥多摩遊歩道のモデルコース

青梅線で終点の数駅前で下車します。遊歩道をひたすら歩いてゴールの奥多摩駅に向かいます。絶景を眺めながら、自然を満喫していきます。汗を流した後に、温泉のもえぎの湯が待っています。そこで汗を流してビールを飲んだ後、奥多摩駅まで歩いていきます(1.5キロメートルくらい)。駅周辺の小道に名前を忘れてしまいましたがおしゃれな飲食店があります。そこでお酒を飲みながら夕食をいただきます。ただ、油断していると終電がなくなってしまうので、要注意です。

奥多摩遊歩道全体についての混雑について

駅周辺は人がまばらですが、途中の山道はほとんどと言ってよいほど人とすれ違うことがありません。何度か行きましたが、これはレジャーでにぎわう季節でも同様です。とても静かな環境で散策できます。ただし、温泉のもえぎの湯だけは夕方の時間に行くと大変込み合っていて男湯に関しては入場制限があるので、避けた方が良いです。散策を早い時間に始めて、温泉に早く入ることをお勧めします。

奥多摩遊歩道を歩くなら紅葉の時期

オススメの季節は何と言っても紅葉の時期です。まず、木が多いので紅葉が色鮮やかでとてもきれいです。写真もたくさん撮りたくなります。また、程よく涼しいため歩きやすいです。夏に行ったこともありましたが、暑くてきつかったです。途中の川に足を入れたり水を触ったりするのも秋がちょうど良いかと思います。他のスポットだと紅葉の時期は混んでいますが、奥多摩ならそれほど混んでいないのでゆっくり楽しめます。

奥多摩遊歩道がオススメの日帰りスポットです

日帰りでどこかに行きたいなら、ありきたりなスポットでなく奥多摩遊歩道を歩いてみることをお勧めします。緑も川もあって景色がとてもきれいです。終点の奥多摩駅まで歩くと達成感もあります。最後に入る温泉を楽しみに歩いて行くと良いでしょう。泊まるほどでもないけれど少し遠出をしたいという人にとてもピッタリのスポットだと思います。特に紅葉の時期にぜひお出かけすることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました