女性マンガ

【レス~してくれれば、しなかった】ネタバレや感想!つかさき有、大泉りか

今回紹介する作品はつかさき有先生と大泉りか先生による

「レス~してくれれば、しなかった」のネタバレを紹介します!

レス してくれれば、しなかった ネタバレ

33歳同士、恋愛結婚というのか、友愛のように結ばれた冬と隆也、家庭では家事の分担も行いながら仲良く暮らしている夫婦。

 

夫婦仲はよく、家族としての絆はできているようだった。

 

なのに、冬には夫に対する不満があった。それは結婚してからまだ3年という月日しか立っていないのに、2人はセックスレスになっていることだった。

 

先に気が付いてしまった冬、2人の状態は明らかにセ〇クスレスだと気にし初めている。

 

一方で隆也は2人の状況になんとも感じていないみたい。

 

そんな隆也に対して不満を感じてきた冬は、家での2人きりの時間に好きを見計らっては恋人のようなムードを出そうと必死に頑張るのだけれど。。。

 

なんとなく場を濁して行くだけではっきりは言わない夫。

 

冬はそれでもまだ希望があると思い込んで、勝負下着で迫ろうとした。

 

そんな冬に対して、隆也の態度はクールでさめていて冬には隆也の気持ちが理解できずにいた。

 

その後、本気で夫に迫ってみるものの、ここでも夫は欲情せず、その理由も言わない。

 

そして、冬はついに途方にくれてしまう。冬は女として迫ってみたものの、それでもダメだったことからショックでその場にうずくまるように泣き崩れてしまう...

 

レス してくれれば、しなかったの感想

男性はセックスに関して割とデリケートで、女性のようにいかないと聞いたこともあります。

 

例えば、家庭を持って奥さんが母親としての役割で定着していれば女として見れない、いわゆるセックスする気にもなれないということもあるようです。

 

それほどデリケートものらしいです。友達結婚、友愛で結ばれた2人であれば、家族となってしまうのでレスになることもありそうですし。

 

でも、すっきりしないことは、隆也の気持ちの方です。

 

冬が部屋でいいムードを出そうとしているときにも、何気に拒んだり、中断させたりということが多くて、はっきりと気持ちを表現していないから、冬も戸惑うし、見ていても男の気持ちが理解できず、もやもやしてしまいました。

 

結局、部屋で冬がせまったときも。うやむやに。最後のかけとばかりに勝負下着で彼の入浴後にせまったときも、口を開いてはくれないのです。

 

そんな気になれないよ、それだけを口にして拒絶してしまう夫、求められないことがこんなに辛いなんて、と絶望する冬、2人を見ていて仲良しの夫婦なのにどうしてもっと考えていることを伝えないのだろうかと。。

特に隆也の考えていることがさっぱりわからない点がすっきりしない内容でした。

 

まとめ

以上!今回はつかさき有先生と大泉りか先生のマンガ

『レス~してくれれば、しなかった』

のネタバレや感想をお伝えしました!

-女性マンガ

Copyright© 女子が夜にコッソリ読みたいマンガたち , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.